法人概要

トップページ > 法人概要

経営理念

地域の高齢者の身近な存在として、生活支援のネットワークによる専門的で質の高い福祉サービスを提供するとともに、 高齢者が地域の中で安心して穏やかな人生の終末期を迎えられる施設サービスを実現します。これにより、フレンズは地域 のセーフティーネットとしての社会的使命を果たしつつ、人々が健康で自立した生活を送れるよう地域に働きかけ、 地域の人々と協働するコミュニティワーカーのプロ集団を目指します。

  • 理事長  

沿革

1949(昭和24)年 アメリカ・フレンズ奉仕団(AFSC)が下馬に「おともだち保育園」、新宿区戸山にネイバフッドセンターを開設。
1951(昭和26)年 1月 AFSCが保育園敷地内にネイバフッドセンターを開設。
1953(昭和28)年 6月 AFSCが3施設を統合し、社会福祉法人日本フレンズ奉仕団を設立。
    運営を日本側に委譲
1971(昭和46)年 3月 戸山ハイツ建替事業により戸山のネイバフット・センター廃止。
    世田谷ネイバフットセンターも同時期に廃止
1973(昭和48)年 4月 戸山ハイツに児童厚生施設「フレンズ児童センター」開設。
1987(昭和62)年 10月 下馬に高齢者と児童のための複合施設の建設を決定。
1989(平成元)年 4月 世田谷区立「デイ・ホーム三茶」開設。
1990(平成2)年 1月 フレンズ世田谷センタービル竣工。おともだち保育園、仮園舎より移転。
3月 特別養護老人ホーム「フレンズホーム」開設。
4月 高齢者在宅サービスセンター「フレンズケアセンター」開設。
1994(平成6)年 4月 世田谷区立「デイ・ホーム上馬」開設
1999(平成11)年 4月 「フレンズ下馬在宅介護支援センター」、世田谷区立「上馬在宅介護支援
    センター」開設。
6月 区立中学校空き教室を利用した分園「おともだち保育園こまどめ」開設 
  (東京都モデル事業第一号)。
7月 世田谷区立「三軒茶屋在宅介護支援センタ」開設。
10月 50周年記念バザー開催(下馬生活学校との共催)。
11月 50周年記念講演会(講師:ビアネール多美子氏)開催。
2000(平成12)年 4月 老人福祉部門の諸施設で介護保険法による事業経営が始まる。
2001(平成13)年 4月 世田谷区立「デイ・ホーム中丸」を開設。
2002(平成14)年 4月 評議員会設置。老人福祉部門に従来の給与制度を見直し、仕事等級制度を
    導入。
2003(平成15)年 10月 フレンズ世田谷センタービル大規模修繕工事。
    (10月9日〜翌年3月31日)
    フレンズホームでは、多床室にパーテションを設け、準個室化を実現。
10月 パワーリハビリテーション事業開始。
12月 「フレンズ訪問介護ステーション」を開設。
2004(平成16)年 8月〜 フレンズホーム、「東京都福祉サービス第三者評価事業」を受審。
2006(平成18)年 4月 地域包括支援センターの発足により、あんしんすこやかセンター受託。
  (下馬・上馬)
    フレンズ介護保険サービス開始。
2010(平成22)年 2月 フレンズホーム・フレンズケアセンター 一般浴室全面改修工事
  (個浴対応)。
3月 フレンズホーム開設20周年記念式典(祝賀会)開催。
2011(平成23)年 2月 フレンズケアセンター(スタッフルームと認知症デイルーム)改修工事。
3月 おともだち保育園 分園こまつなぎ開園式。
6月 地域の独居老人のための「朝食会」開始。(月1回開催)
8月 デイ・ホーム三茶閉鎖。フレンズ三軒茶屋介護保険サービスをフレンズ
    介護保険サービスに吸収。
2012(平成24)年 1月 デイ・ホーム上馬、デイルーム床改修工事(世田谷区施行)。
   *1月〜2月 旧デイ・ホーム三茶を利用して営業。
2月 世田谷区地域包括支援センター事業委託に係るプロポーザル参加(下馬・
    上馬地区)。
3月 デイ・ホーム三茶を世田谷区に返却。
9月 世田谷区地域包括支援センター委託事業者に選定。
2013(平成25)年 2月 フレンズホーム多床室(4人部屋)のトイレ開口部の拡張工事 計12室。
7月 世田谷区認可保育整備・運営事業者公募に応募。
9月 世田谷区認可保育整備・運営事業者(下馬二丁目整備計画地)に決定。
2014(平成26)年 3月 おともだち保育園第4代園長 藤森守退任。
4月 おともだち保育園第5代園長 立花雅子就任。
9月 アクティブ福祉 in 東京 '14でフレンズホーム施設長が研究発表。
    東京都福祉保健局長賞受賞。
2015(平成27)年 1月 下馬地域包括支援センターが世田谷センタービルより下馬複合施設へ移転
3月 フレンズホーム開設25周年。
5月 第6代理事長 伊藤清一郎退任。
6月 第7代理事長 津金正司就任。
7月 地域貢献事業「フレンズ・サポート」の第1回サポーター育成講座を開催。
8月 「フレンズ・サポート」買物支援隊の活動開始。以降月2回実施。
9月 第51回関東ブロック老人福祉施設研究総会でフレンズホーム施設長が研究
    発表。公益社団法人全国老人福祉協議会より感謝状受贈。
12月 「フレンズ・サポート」歳末映画鑑賞会を開催。
2016(平成28)年 1月 保育園新園「おともだち・ララ保育園」建設工事着工。
2月 第7代理事長 津金正司死去により退任。
3月 第8代理事長 飯田能子就任。
9月 法人マークを法人職員から公募、選考委員会を経てフレンズホーム介護
    職員のデザインを優秀賞に選定。
10月 「フレンズ・サポート」フレンズ弁当の配食を開始。サポーターが高齢者
    自宅へ週2回配達。
    「フレンズ・サポート」元気会を開始。フレンズケアセンターを会場に
    して運動と昼食の機会を提供。
12月  法人広報紙「扉」創刊号を発行。
2017(平成29)年 1月 上馬地域包括支援センターが、デイ・ホーム上馬併設から上馬複合施設へ
    移転。
2月 改正社会福祉法施行に伴い、評議員選任・解任委員会を開催。
4月 「おともだち・ララ保育園」開園。初代園長に田中秀雄就任。
6月 第1回定時評議員会開催。
    法人広報紙「扉」第2号を発行。
7月 フレンズ世田谷センタービルに法人会議室を新設。
  (下馬地域包括支援センター移転後の4階空室を改装)
8月 フレンズケアセンター(リハビリコースデイルームの配膳室)改修工事。
12月 フレンズ世田谷センタービル地下1階の特浴室の改修工事。
      機械浴槽を廃止し個浴用浴槽を設置。新浴室を「それいゆ」と命名。
2018(平成30)年 1月 新浴室「それいゆ」の見学会を開催。
2月 法人広報紙「扉」第3号を発行。
3月 フレンズ世田谷センタービル地下1階の職員食堂の改修工事。
4月 職員食堂を「カフェ・ダイニング」として運用開始。
7月 法人広報紙「扉」第4号を発行。
8月 フレンズ世田谷センタービル エレベーター制御盤リニューアル工事。
9月 世田谷地域包括支援センター運営事業者プロポーザルにて審査の結果、
    運営事業者として選定される。(委託期間:平成31年度から6年間)
11月 フレンズホーム静養室改修工事 一般競争入札実施。
11月 デイ・ホーム中丸の特殊浴槽を入替。
12月 フレンズホーム静養室改修工事。看取り対応個室2部屋を設置。
2019(平成31)年
    (令和元)
2月 フレンズホーム開設30周年記念募金を開始。
5月 フレンズホーム生活介護課の記録の電子化を開始。
2020(令和2)年
2月 フレンズ世田谷センタービル大規模改修工事の竣工。
3月 フレンズホーム開設30周年記念会開催。
10月 第8代理事長 飯田能子死去により退任。

アクセス

社会福祉法人 日本フレンズ奉仕団

〒154-0002
世田谷区下馬2-21-11
フレンズ世田谷センタービル
電話:03-3422-7211 / FAX:03-3422-7227

交通

  • 東急田園都市線三軒茶屋駅下車 徒歩10分
  • 東急世田谷線三軒茶屋駅下車 徒歩15分